転職

40代事務転職希望で転職エージェントを使用した結果【実録】

更新日:

40代で事務正社員転職にチャレンジする記録です。

 

40代で事務系希望だって、胸張って転職エージェントへ登録!

転職エージェントをメインに転職活動をしようと決めた私。

 

というところで心配になったのが

「40代・女・事務系希望」って転職エージェントは相手してくれるの??ということ。

40代の私が転職エージェントに登録するにあたり私の不安はそこでした。

 

もし、このブログを読んでくださっているあなたが40代だとしたら・・もしかしてあなたもそう思ったりしていませんか?

私も転職活動をしている間、その不安はつきまといました。

 

だって・・

エージェントだって、「人」を紹介して利益を得ているわけで・・。

40代の事務職正社員希望者なんて、彼らの利益になるのかどうか・・。

非常に疑問だったんです。

 

そして、私の経験からの結論

  • 相手にしてくれないエージェントもいる。
  • 相手にしてくれるエージェントもいる。

ということ。

 

そりゃそうだろうって結論ですが、私が実際に転職活動をして肌で感じた結果です。

 

私が利用した転職エージェントサイトは合計5社。

  • リクルートエージェント
  • DODAエージェントサービス
  • type女の転職エージェント
  • ミドルの転職
  • ワークポート

 

 

「紹介できる仕事はありません。」なんてそっけないメールも複数もらったし、

初回に形式的にいくつか仕事を紹介してくれたけど、あとは放置なんてエージェントもありました。

 

だけど、きちんと向き合ってくれるエージェントもありました。

私は、親身に向き合ってくださったエージェントさんに大変力を頂きました。

 

最終的には、私の転職先はそのエージェントさん経由では決まりませんでしたが、そのエージェントさんが話を聞いてくれ、気にかけてくれ、自分を評価してくれたことが、転職活動を続ける力になったと断言できます。

 

転職活動を続けるには体力も気力も必要です。

自分の力だけでなく、他人から与えられるパワーって大きいんですよね。

誰かが自分の転職活動を認めてくれているっていう事実が転職活動を続けて行く上で意外に重要なのかもしれません。

 

 

転職エージェントには得意・不得意分野があります。

自分に仕事を紹介してくれない=悪いエージェント

では決してありません。

 

40代でも可能な事務系の仕事を持っていないところに仕事紹介してくれって言っても仕方ありません。

あなたが、40代に強い転職エージェントをご存知なら別ですが、40代の場合は、まずはあらゆる年代、あらゆるジャンルの求人を多く確保している大手の方がおすすめです。

 

以下に私が実際に依頼した転職エージェントの対応を簡単にまとめさせていただきました。

各転職エージェントとも、時期にもよって仕事のあるなしがあるでしょうし、担当者との相性やタイミングもあると思うので、

複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

 

 

45歳で事務系転職希望で転職エージェントサービスに登録した結果

リクルートエージェント

私が実際に複数の転職エージェントサービスを利用して一番、紹介件数を持っていると感じたのはリクルートエージェントですし、頻繁に利用したのもリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの担当の方と実際に会って面談することもできましたし、とにかく紹介件数が豊富。

といっても、おそらく20~30代の方に比べると相当少ないんでしょうけど、それでも毎週数件の仕事を紹介してくれました。

とにかくその対応力は断トツ。

40代で転職するならぜひ登録して活用したい転職エージェントサービスです。

 

2位 ミドルの転職

ミドルの転職はその名の通り、「ミドルのための転職サイト。」

転職サイトの「en」のミドル世代版です。

一般の転職サイトは、企業が直接募集しているのに対し、ミドルの転職は、転職エージェントがミドル向けの紹介案件をネット上に登録しており、興味のある仕事に登録すると、転職エージェントから連絡が来るというサービスです。

30代、40代向けの転職サイトということで、ハイクラス向けというミドルの転職ですが、管理事務系の転職も多く紹介されています。

何よりも、40代向けの募集があるという安心感があります。

ミドルの転職はハイクラスの転職を扱っているイメージがありますが、わずかながら事務職の転職もありましたし、私自身実際に、ミドルの転職を通じて2社の転職エージェントサービスの方にお会いすることができました。

こまめにチェックしてみて、自分にあう仕事を探してみると良いと思いますよ。

 

DODA

DODAは求人サイトですが、エージェントサービスに登録すると、転職エージェントの方に仕事を探してもらうことが可能です。転職を考えているなら必ず登録してほしいです。

 

とはいうものの、私の場合、DODA転職エージェントに登録してもま面談の連絡をもらうことはできませんでした。

面談してもらえない時点で、DODAでの活動は受け身にならざるを得ませんでしたが、機械的にエージェントサービスから求人情報は送られてきましたし、実査に応募したら書類選考が通ったこともありました。

ですから、面談してもらえなくてもチャンスはゼロではありません!

 

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは登録しましたが、「保有する求人の中にはご案内可能な求人を見つけることが適いませんでした・・省略・・合致する求人が有りましたら、当方よりご連絡させて頂きます」と連絡がり、それ以降1度も連絡ありませんでした。

女の転職エージェントというから、期待していたのですが残念な結果。

登録解除はしなかったですけど、私の場合は全く使えなかったです。

とはいえ、もしあなたが転職を検討しているなら、登録はしてみて頂きたい思います。

登録しないというのは、自ら可能性を消すということですので!

 

ワークポート

ワークポートはTやWeb業界に強いと聞いていたので、40代事務職なんて相手にしてもらえないかな?と思ったのですが、電話面談をしていただくことはできました。

登録したらすぐ連絡くれた感じですね。

ワークポートは、転職活動の後半に登録したのであまり多くは活用できなかったのですが、少ないながらもまめに求人は送ってきてくれましたが、他社との案件とかぶっているものが多かった印象です。

でも、面談して話を聞いてもらえたので、利用する価値はあると思います。

 

40代・事務正社員希望 転職エージェントまとめ

後日、また詳しく書きたいと思いますが、対応が一番良かったのはリクルートエージェントですね。

さすが最大手という感じ。

信頼できる案件が多かったですし、担当者との連絡も取りやすく何より安心感がありました。

 

それとあわせておすすめしたのがミドルの転職。

ミドルの転職では中小転職エージェントが求人情報を提供しているので、中小転職エージェントとつながりをもつきっかけをつかむことができます。

リクルートやdodaという転職エージェントは確かに、案件は多く抱えていますが、ちょっと深く付き合いにくい。

一方中小転職エージェントの場合は、親身に付き合ってくれることも多いというのが私の印象です。

 

40代で事務職で正社員を目指すというのはかなり狭き門なので、複数の転職エージェントに登録してとにかく多くの求人を得るというのは大事だと思います。

 

 

-転職

Copyright© 40’s LIFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.