転職体験談

40代の転職の現実。失敗しないために転職エージェントを利用したら・・転職体験ブログ。

更新日:

こんにちは。

40代事務職で果敢にも正社員転職を試みた私の転職体験談ブログです。

 

今回は、自分の転職活動を通してわかった「40代の転職の現実」、そして実践してわかった「40代が転職に失敗しないために選びたい転職エージェント」について紹介していきます。

 

40代の転職とは?

40代と20代の転職では、企業が求める転職像が全く違います。

20代の若い人を希望する会社は

  • 給料はそれほど払わなくても済む
  • 仕事はこれから覚えてもらえばいい
  • いわれたことを素直に受け入れられる

という観点から求人をかけていることが多いんです。

未経験であっても、社会人経験があれば大丈夫という募集もよく見かけますね。

 

それに対して40代の転職は

  • 給料を多く払っても即戦力が欲しい
  • 経験を生かしてもらいながら、社内の活性化を狙いたい。
  • 退職者の穴埋めとしてすぐに動ける人材が欲しい。

などと、とにかく「経験値の高い人」が求められます。

 

というか・・私が転職活動を通して感じたのは

40代に求められているのは即戦力!ということ。

 

ここに40代の転職の現実があります。

はっきりいって

吸収力や成長力はもう若い人にはかないません。

 

 

若い人にはないものを40代は求められているし、それがない人は転職は難しいという現実が待っています。

20代と同じ仕事をするなら、20代を雇います。

普通であれば20代の方が給料が安くて済みますから、経営者なら若い人を選択するなら当たり前のことです。

 

あなたには「40代だからできる何か」がありますか?

何だっていいです。

  • 営業力
  • 対応力
  • 事務力
  • マネジメント力

 

みんなができると思っていることも、実は自分自身が培ってきた経験があるからこそできる力だったりします。

そこを見出すことで、転職活動の成功失敗を決めるカギがあるといってもいいと思います。

 

でも、自分では自分の何が即戦力なのか、何が自分の強みなのか自分ではわからなかったりするんですよね。

実際、私もわかりませんでした。

自分なんてただの事務職でしかなく、誰でもできる仕事しかできないと思っていたんです。

 

 

 

40代の転職にはプロの力を借りる!

自分では見つけられないなら、他人の力を借りるしかありません

それこそ、その道のプロに頼るしかない!

そこで私が利用したのが転職エージェント

 

DODA、en、女の転職、ミドルの転職などいくつかの転職エージェントを利用しましたが、その中でも私が40代におすすめできる転職エージェントはリクルートエージェントです。

実は、40代事務職っていうだけで門前払いだったり、求人がないという転職エージェントが多いのですが、リクルートエージェントは違いました。

そして求人数も豊富で対応も丁寧だったのもリクルートエージェントでした。



 

そして、先程書いた、「自分にとっての即戦力」「自分の強み」を見つける一番の参考になったのが、リクルートエージェントの面談です。

リクルートエージェントの面談は、リクルートエージェントにインターネット経由で申し込んだ後に打診されるもので、いわばリクルートエージェントでの転職活動の第一歩です。

 

リクルートエージェントの面談は電話でも対面でも大丈夫なのですが、対面での面談は貴重な機会なので、可能ならばぜひ対面での面談をしてみてもいいのではないでしょうか?

私は、リクルートエージェントとの面談がなければ、おそらく、自分の強みを見つけられず、転職活動もままならなかったのではないかと思います。

 

他の転職エージェントでは、少なくとも45歳事務職希望の私は対面面談をしてもらえたところはありませんでした。

ですから、自分に転職の可能性を広げてくれたリクルートエージェントは私にとって大変貴重な機会でした。

 

リクルートエージェントの面談では、専門の人が面談を通して、私の経験から私の強みをすくいあげてくれました。

そして、転職の目的をはっきりとさせてくれたのです。

 

 

転職の目的は大事です。

  • もっと給料が欲しい
  • 自分の経験をいかせる仕事をしたい
  • 福利厚生の整った職場に移動したい
  • 残業の少ない職場に転職したい

など、目的はそれぞれだと思います。

 

そして、その先に何があるのか。

何をもって転職を成功とするのか、失敗とするのか、そこに気づかせてくれます。

意外にコレが自分にとっての転職の現実をつきつけてくれたりするのです。

 

 

リクルートエージェントは、転職を成功させることで企業側から成功報酬をもらいます。

そして転職者が半年で退職してしまうと成功報酬を返金しなければならないとも言われています。

 

ですから、転職エージェントはやみくもに仕事を紹介したりしません。

転職者のニーズと企業のニーズが合う人しか紹介しないのです。

そしてそのニーズこそ「自分の強み」。

ですから、こちら側のニーズをしっかりと把握しようと話を聞いてくるんですね。

 

 

 

40代の転職の現実は厳しいです。

転職エージェントの手を借りても、紹介される求人はわずか。

自分の強みと何が即戦力になるのか、じっくりと見つめ直しながら企業選びをすることが、結果的には少ない労力で転職失敗しないための大切な作業です。

 

私は、45歳の時に転職活動をしましたが、最終的にはリクルートエージェント経由の紹介求人で転職成功となりました。

職種やタイミングによって、転職エージェント各社が保有している求人も異なります。

私の場合はそれがたまたまリクルートエージェントだったのかもしれません。

様々な転職エージェントに登録し面談の機会を得ることこそが、40代の転職の第一歩であるともいえるでしょう。

 



-転職体験談
-

Copyright© 40's LIFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.