40代の転職

転職成功40代ブログ!内定は転職相談できるリクルートエージェント紹介求人でした。

このブログでは40代の私(子持ち)が転職活動に奮闘する体験談ブログです。

 

40代が転職成功するには最大手リクルートエージェントが有利?

私が転職した時には、いくつかの転職サイトや転職エージェントにお世話になりましたが、なんだかんだで「やっぱすごいわー」と思ったのはリクルートエージェント

紹介してくれる案件数が他社よりも圧倒的に多くやっぱり豊富です。

 

リクルートエージェントに登録した時のメールに書いてあったのですが、リクルートエージェントの求人数は、リクナビNEXTの約5.5倍のもあるそうです。

保有求人が多ければ、40代OKな求人も多いわけで。

 

当たり前といえば当たり前ですが、ただでさえ少ない40代向け求人。

1件も無駄にできません。

 

そういう意味でも、大手転職エージェント会社のリクルートエージェントは登録する価値があると思います。

実際にリクルートエージェントで転職活動をした私。

その時の様子を紹介したいと思います。



40代!リクルートエージェントに登録してみた!

なにはともあれ、まずは、リクルートエージェントに登録するところからはじまります。

登録は無料です。

 

転職希望時期や希望勤務地、現在の職種や年収、からはじまって、プロフィール入力に続きます。

申し込みすることが転職活動の第一歩。

悩んでる暇があったら登録してみることをおススメします!

リクルートエージェント 登録フォームへ

リクルートエージェントのサービス提供期間は限られている!

リクルートエージェントは登録は無料ですし、すぐに転職する方も、そうでない方も登録できるようになっています。

ただし、注意したいのは、有効期間がリクルートエージェントとの面談から3か月間だということ。

 

実際は3か月以降も機械的に求人メールは送られてくるようのですが、担当者がついてくれるのは3か月間のみということです。

本気で転職活動するなら3か月が勝負!っていったところでしょうか。

 

確かに担当がついてくれる以上、ダラダラと転職活動するわけにもいきませんし、リクルートエージェントも一企業なわけで利益を出さなければいけないことを考えると、3か月という区切りがあるのは仕方ない気もします。

 

さらに、私の場合は「3か月」という区切りがあったのが良かったと思います。

期間がないと、ついズルズルして先送りしてしまいそうなので・・。

 

3ヶ月と決まっているからこそ「3ヶ月以内に絶対決める!」って必死に転職活動できたように思います。

 

リクルートエージェントに登録したら面談の申し込みを!

リクルートエージェントに申し込みしたら、面談の申し込みをしましょう!

本気で転職する!と決めているなら、迷わずすぐに申し込みをするべきです。

 

「面談」というと身構えてしまうかもしれませんが、「相談にいく」と思えばどうでしょうか?

私の経験からいえば、確かに「面談」というよりは「今後の相談をする」時間だったように思います。

 

リクルートエージェントとの初回の面談では、キャリアアドバイザーという面談専門の方が自分がどんな転職をしたいのか、転職の方向性などの確認をしながら詳しく聞いてくださいます。

どんなことを話せばいいのか、知らない人と話すのが苦手、などとついつい面談の申し込みを避けてしまう方もいるかもしれませんが、そこは、面談のプロにおまかせしましょう!

 

転職のプロに話をじっくり聞いてもらえるなんていう機会はそうそうありませんし、

この面談こそが、リクルートエージェントでの転職活動の始まりなのです。

 

面談については40代転職体験談ブログ!まずはリクルートエージェントに登録→面談でわかったこと。 で私の面談体験談を書いていますので、興味のある方は読んでみてくださいね。

おすすめ記事
転職したのは40代!リクルートエージェントに登録→面談でわかったこと。

40代の転職は、転職エージェントを利用するべし! 40代で転職するには転職エージェントへの登録が欠かせません。 なぜなら、年齢に見合った転職先を確実に選ぶため!   私が転職するにあたって探 ...

続きを見る

 

 

リクルートエージェントからはこんな方法で求人が紹介される!

リクルートエージェントに登録した時点で希望職種の求人紹介メールは送られてきますが、キャリアアドバイザーとの面談が終わった後には、転職コンサルタントがセレクトした求人が送られてきます。

 

このメールこそが担当がついた証。

「あなたの転職希望にあった非公開求人」を送ってきてくれるのです。

 

リクルートエージェントから送られてくるようになる主な求人メールをまとめると、主な求人メールは下記の4種類です。

  1. 担当コンサルタントセレクトの求人メール
  2. 自動送信の新着求人メール
  3. 企業スカウトメール
  4. 営業担当おすすめメール

 

担当コンサルタントセレクトの求人メール

リクルートエージェントでキャリアインタビュアーとの面談を行った後、面談内容に基づいた求人を一気に送られてくるメールです。

この担当コンサルタントセレクトの求人メールが一番、重要というか、まずは目を通すべきメールともいえます。

 

この担当コンサルタントがセレクトしてくれた求人は、機械的ではなく、私との面談内容から、私にあった求人を見繕って送ってくださるそうで、自分の志向に近い求人なので「なるべく全部に応募する」ぐらいの方がいいですね。

 

気が乗らない求人であっても応募することをお勧めします。

 

なぜいかというと私が内定をもらった会社のうちの1社は、担当コンサルタントが初回に紹介してくれた求人で、しかも「応募しようかなーどうしようかなー・・、でも応募するだけタダだからしてみよう!」という気持ちで応募した気乗りしない求人だったからです!

 

応募しなければ始まりませんし、気乗りしない企業でも、実際足を運ぶとイメージが変わって好印象になることもありますよ。

この後に送られてくる求人は、基本的に自分が登録した情報に基づいた自動送信メールになりますので、初回に担当コンサルタントのセレクトの求人は大事にしましょう!



 

自動送信の新着求人メール

これは、自分の転職希望の内容をあらかじめ登録しておくことで、その希望データに従って抽出された求人が自動的に送られてくるものです。

 

機械的に送られてくるものですが、基本的には自分の条件に合致しているものです。

基本的にはここから自分の希望に合うものをどんどん応募していきます。

 

企業スカウトメール

機械的に送られてきた求人のうち「気になる」に登録できる仕組みがあるのですが、「気になる」をしてくと、求人企業の担当者が目を通してくれる場合があり、企業が自分の経歴に興味を持ってくれたら、企業がぜひ面接に来てほしいという「面接確約スカウト」が来ることがあるのです!

これはとても有効です。

 

もし企業スカウトメールがきたら、よほど自分に合わないと感じない限りは応募してみましょう~。

だって、面接してもらえるんですよ?

 

希望職種でなくても、「面接」という貴重な経験を積むことができますし、いずれ本命に出会ったときに、この面接で得た経験がその時に生かされるはずです。

ちなみに、私は企業スカウトメールの求人に応募し、内定をもらうことができました。

 

もちろん、面接確約でも、面接で落とされてしまうこともありますが、面接をしてもらえるということは企業スカウトメールは内定への近道といってもいいかもしれません。

 

営業担当おすすめメール

営業担当おすすめメールは、企業スカウト同様「気になる」登録しておくと、リクルートの営業担当が個別にチェックしてくれ私の経歴を確認したうえで、「応募すると書類審査が通る可能性が高いですよ?」という声がけをしてくれるメールです。

合格するかどうかは別にして、書類選考には通りやすいということで応募する価値はあります。

 

40代には少ないですけどねー。

特に事務職はそもそもの応募数が多いでしょうから・・。

私に来た営業担当おすすめメールは2件のみでした。

現実は厳しい・・。

 

 

40代正社員希望の私はリクルートエージェントで転職成功!

私の場合は、3か月の転職活動中(実質2か月)を終え、幸いにも内定2社もらうことができました。

リクルートエージェントのジョブコーディネータの方には何度もメールや電話で相談させていただきました。

 

長くてもたった3ヶ月の付き合いです。

転職エージェント側も、こちらを転職成功させないと利益につながりません。

いわば私たちは商品といっても過言ではないと思います。

 

また、担当者に連絡をまめにすればこちらの本気度も伝わるというもの。

遠慮せずにガンガン図々しく連絡しましょう!

 

私の場合は

  • 面接不安だ―
  • 面接でどんなこと話せばいいんですか??
  • この仕事は自分にはできない気がする・・
  • この会社は本当に私を必要としていると思いますか?

などなど、不安な気持ちを聞いてもらったりしました。

 

毎回すっごく親身になってくれる・・っていう訳でもありませんでしたが(担当によると思います)、少なくとも話は聞いてくれますしアドバイスももらえます。

 

転職活動って孤独なものです。

書類提出は大変だし、面接がある場合は企業研究にも時間とられるし、それなのにどんどん断られるし。。

 

そんな中、相談ができる相手がいるってこんなに精神的に救われるものなんだ!!と当時思っていました。

 

もし転職エージェントを使用しなかったら、一人で転職サイトを見て悩みながら、落ち込みながら、不安にさいなまれつつ転職活動をしていたと思います。

そして、転職エージェントにお世話にならなければ、前向きに転職活動はできなかったと思うし、そもそも仕事も決まらなかったのではないかと思います。

 

私はリクルートエージェントを利用して幸いにも内定をもらえ、転職先を決めた時点でで利用を終了しました。

利用が終わった時にはちょっと寂しかったです。

 



 

40代リクルートエージェントを利用して転職活動!まとめ

40代は転職求人数の絶対数がそもそも少ないので、案件豊富なリクルートエージェント登録は必須だと思います。

もちろん、リクルートエージェントだけなく、DODAやミドルの転職など他大手転職エージェントも積極的に利用して、多くの求人に出会うのが、転職成功への道の第一歩です。

 

あとは、ちょっとでも気になる求人があれば、あまり深く考えずにどんどん応募すること。

主婦っぽい発想ですが、応募するだけタダ!

 

イマイチ乗り気しない求人でも

書類審査通ったらその時考えればよい、

面談まで行けたら、その時にまた考えればいいんです。

 

転職活動は必ずしも企業主導ではありません。

いくら40代の転職が厳しいといっても、こちらも企業を選べる立場なんだということを忘れずに、堂々と積極的に対応していったことが自分の転職成功につながったと思います。

とにもかくにも、登録して自分自身が動くことが、転職活動の第一歩です!



-40代の転職
-

Copyright© 40's LIFE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.